三国志時代にはいなかった?薄毛に悩む中国人の植毛意識

中国では薄毛に悩む若者が増えるとともに、自毛植毛ビジネスが活況を呈している。自毛植毛関連の広告はオフライン、オンライン問わずいたるところに掲げられ、目にしない日はないと言ってもいいくらいだ。

中国の自毛植毛業界では過去2年間に大きな投資案件が2つあった。業界をリードする「雍禾植髪(Yonghe Hair Transplant)」が3億元(約50億円)、「碧蓮盛(LOTUS)」が5億元(約82億円)の資金調達に成功して関心を集め、植毛クリニックが雨後の筍のごとく現れているのだ。

この植毛という新しいビジネス、一体どのような仕組みになっているのか?

薄毛の悩みを抱える若者は自毛植毛に興味あり

「中德毛髪移植整形医院」の創業者である徐霞氏は「雍禾植髪と碧蓮盛が資金調達に成功した後、我々のもとにも『新しいビジネスをやらないか?』という声が数多くかかるようになった」と語る。彼女は植毛業界に20年以上関わってきた人物だ。

これはほんの一例に過ぎない。「華蓋医療(HUAGAI HEALTHCARE)」による碧蓮盛への出資が決まると、立て続けに10件以上のプライベート・エクイティ・ファンドも同業界に参入。その他のクリニックにもオファーが舞い込んだ。

今年5月には、雍禾の創業者である張玉氏が36Krの取材に対して「過去5年間、売上が毎年100%増となっている」と述べていた。2013年の売上高は3000万元、2014年は6000万元、2015年は1億2000万元、2016年は2億4000万元、2017年は5億元を達成。今年に至っては10億元弱を見込む。業界関係者の話では、碧蓮盛も同様のペースで売り上げが伸びているという。

世界保健機関(WHO)によると、中国の6人のうち1人、約2億人が脱毛症で苦しんでいるという。中国の特徴は、脱毛症に悩む人が若年化しており、80後と90後(1980年〜1999年生まれ)世代の脱毛症率は35%を超えること。 70代生まれと比べると、この世代は容姿を気にする傾向が強く、植毛への抵抗も少ないという。また、所得が増加し、治療費の分割払いシステムや医療美容系消費者金融プラットフォームが普及したことも若者の植毛へのハードルを下げているようだ。

もう一つの特徴は、女性顧客が急速に増加していること。かつて植毛と言えば、25〜28歳の男性顧客が中心だった。実際に、張氏によれば、10年前は同社の顧客の95%以上が男性だったが、現在は約70%にまで低下しているという。

また、新種の植毛サービスも若者を惹きつけている。「熙朵医療美容機構(CIDO Medical Beauty)」の共同創業者である李美瑛氏によると、男性の頭皮への植毛手術が売り上げの約70%で、残り約30%は眉毛やひげ、生え際への植毛を含む「アート植毛」と称する施術だ。

2017年の中国の植毛産業の市場規模は97億元に達しており、今後数年間で植毛および関連産業の市場規模は500〜1000億元に達する見込みだ。欧米先進国では42%が脱毛症に悩んでいると言われており、この比率を中国に当てはめれば、その潜在的市場規模の大きさが理解できるだろう。

自毛植毛業界の業態と費用

この20年間発展を続けてきた中国植毛業界は、大きく分けると4つの事業形態がある。公立医療機関、雍禾植髪や碧蓮盛などの民間チェーンクリニック、「伊美爾(EVER CARE)」や熙朵などの民間美容整形クリニック、そして「恒博植髪(HENG BO HAIR TRANSPLANT)」などの民間直営クリニックだ。

現行の植毛手術費用のほとんどは、移植本数に基づいて計算される。メスを使わないFUE植毛の費用は通常1株当たり8〜12元で、増毛手術はやや高くなる。現状、手術費用の相場は2万5000元以上で、3万元以上かかることもある。

高い顧客価格を見込めるヘアケア産業の利益率は、事業形態によって差が見られる。頭髪関連専門メディア「好頭髪(haotoufa.com)」創業者の徐峰氏によると、公立医療機関の利益は最高で約60〜70%、民間クリニックは35〜40%、大型チェーンクリニックは20%程度とのこと。この差は主に施設数やマーケティング費用などの違いによるものだという。

自毛植毛業界のビジネスモデル

植毛手術は技術の規格化が進んでおり、難易度や事故率も他の外科手術と比べて低いため、チェーン展開に適している。他の美容医療分野と比較すると、料金の透明性も高い。加えて、顧客単価は比較的高く、ニーズも高まっている。チェーン展開すれば、設備機器の調達やリソースの共有、広告費用などの面で有利となる。

雍禾植髪や碧蓮盛は植毛業界におけるチェーンクリニックの先駆者だ。碧蓮盛は主要都市で23の直営クリニックを運営しており、さらに9都市へ進出する予定。雍禾植发は現在30の旗艦クリニックを運営。両社ほどではないが、比較的名が知られている「科髪源(Kafuring Hair Surgeon)」は20都市、「新生植髪(SIMSON HAIR TRANSPLANT)」も30都市以上に拠点を構えている。

自毛植毛業界の市場規模

目下、この業界のトッププレーヤーの年間売上高は10億元に達しておらず、市場規模は100億元程度と見られている。

華蓋医療は市場規模1000億元程度に達すると見込んでいるが、すでに「天井」が顔を覗かせているのも確かだ。中国の植毛業界における大型投資案件は雍禾植髪と碧蓮盛の2例のみで、それぞれ3億元と5億元を調達したものの、企業の評価額は10億元を超えていない。同業界のベンチマーク企業であるアメリカのボズレーは40年以上の歴史を持ち、年間売上高は1〜5億ドルだ。

また、新たに参入する企業や医療機関が増えて、市場争いも加熱している。業界筋によれば、現在、植毛クリニックの売り上げは全体的に減少しており、植毛クリニックの80%では利益がゼロに近い状況という。

今後2年間で業界は再編期に入る可能性が高く、真に競争力のある企業や医療機関だけが生き残れる時代となるだろう。これまでシェアサイクルや共同購入プラットフォームが辿ったように、経営破綻する事業者が次々と出てきても不思議ではない。

技術が高い日本の自毛植毛クリニックへ来院する中国人も多く、特に自毛植毛専門の親和クリニック大阪院へは多くの外国人が来院しているそうです

『三国志演義』と『正史三国志』の違い

元は盛り場で講釈師の為の物語

三国時代の記録は、陳寿の正史『三国志』から始まります。
正史ですので淡々とした記述であり、読み物としてはハードルの高いものです。

庶民が親しんだのは正史ではなく、盛り場で講釈師の語る三国時代の物語でした。
「説三分」と呼ばれたこのジャンル、既に唐の時代(7-10世紀)には高い人気を博しています。

中国史において動乱の時代はいくつもあり、その中で三国時代は”物語を描く上では非常にバランスのよい”材料でした。
春秋戦国時代や五代十国のように、多くの国に分裂した状態ですと、攻防史があまりに細かくて、読者もなかなか没頭できないものです。

その点、三分裂というのは、極めてちょうどよい。
もちろん同時代を生きる人にとって、国の分裂は地獄そのものでもありましたが、後世の者が楽しむ物語としてはバツグンの素材。

早い話、感情移入しやすいんですね。

とりわけ庶民の間で人気となったのは、もはや説明不要の劉備(=蜀)です。
講釈師の話を熱心に聞く子供たちは、劉備が負けたと聞くと泣き出し、曹操が負けたと聞くと大喜びしていた、と伝わります。

正史を書いた陳寿は魏を正統としており、歴史的にもそれが正しいとされてきたのに、庶民の間では三国志の歴史認識が大きく違ってきました

羅貫中によって三国志演義は脚色された?

元代(13-14世紀)は、中国文学史において重要な時代です。

モンゴル人の王朝である元では、漢民族の士大夫があまり重用されませんでした。
仕官しそこねた、あるいは仕官を敢えてしなかった文人たちは、もてあました才能を様々なジャンルにおいて発揮し始めます。

小説や劇も、そのひとつ。
そんな文人の中に、羅貫中がいました。

ここで注意したいのは、彼は一から『三国志演義』を作り上げたのではなく、あくまで”ブラッシュアップした”ということです。

それまでの三国志物語は、楽しいけれど、なんだか雑。
盛り場での語りをそのままノベライズしたような『三国志平話』といった作品があり、あくまでその場を盛り上げるネタだったので、話の展開が荒く、荒唐無稽な設定も見られました。

「よっしゃ。これをもっと洗練して、高度な作品にしよう!」

そう考えた羅貫中が完成させたのが『三国志演義』なのです。

物語を進める上でまず彼は、プロローグにあった「輪廻転生にまつわる部分」をカット。
おなじみ劉備・関羽・張飛の「桃園結議」から物語をスタートさせます。

ちなみに横山光輝三国志など、一部日本の作品では、桃園イベントの前に「劉備がお茶を買う」シーンが入ります。

実はこれ、吉川英治による創作部分でして、本場の『演義』にもない場面です。

かつて『演義』の日本語訳を読んだ人が、翻訳者に「茶を買う場面がないぞ!」とクレームを入れたことがあったそうですが、あの場面は日本独自のものだったのですね。

劉備・関羽・張飛に与えられた魅力

羅貫中は無駄を削り、洗練性を高める過程で、各人のキャラクター性も変更させました。

「三国志の人物といえばこういう性格!」
として広く知られているものは、正史ではなく、講釈師がアレンジして、さらに羅貫中が洗練させたものです。

例えば『演義』で張飛が横暴な督郵を鞭打つ場面。
これは正史では劉備がやったことでした。

『演義』ではアクション担当の張飛が、劉備の代わりに鞭を打ち、劉備は理性的に止めることで、各人のキャラクター性に整合性を持たせているのです。

ざっと3名の特徴を見てみましょう。

◆劉備
→お人好しで優柔不断。されど人徳者。『水滸伝』の宋江や『西遊記』における三蔵法師同様、中国における「理想の上司タイプ」で描かれています

◆関羽
→人々の「義」の理想を”全載せ”した感のある人物として描かれるようになります。究極の武人

◆張飛
→大騒ぎをして場を盛り上げる。『水滸伝』ならば“黒旋風”李逵、『西遊記』なら孫悟空と同じタイプ

実は関羽という人物は、講釈師語り物時代では、張飛よりも人気のない人物でした。
正史では記述が少なく、語り物では張飛より影が薄いのです。

そんな彼を「人々の模範となる義の化身としたい」と考えた羅貫中が、関羽像をブラッシュアップし、ともかく素晴らしい人物に仕上げました。

更に時代を経て彼は、理想の義の化身となり、崇拝の対象として神格化されていくことになります。

敵役・曹操も魅力的な悪役に

敵役の曹操も、ただのやられ役ではありません。
憎々しい悪人の曹操は「呂伯奢一家殺害事件」で悪の華としてデビューを飾ります。

この事件のあらましは――。
呂伯奢という者の家に立ち寄った曹操が、彼らが自分を殺そうとしているのを察知し、返り討ちにするというもの。
正史の段階では本当に殺そうとしていたので、曹操がやや過剰な正当防衛をした筋立てです。

ところが『演義』では、
「おもてなしのために豚の解体相談をしていた呂伯奢たちの話を曹操が立ち聞きし、自分が殺されそうだと誤解して先に彼らを殺してしまう」
となっています。曹操が完全に悪いという方向に改変されているのですね。

しかも曹操はここで名台詞を吐きます。

曹操の名台詞とはこうです。

「俺がたとえ天下の人に背こうと、天下の人が俺に背くのは許さん!」

まことに自分勝手でふてぶてしい台詞ですが、悪の華としては完成度の高い言葉でしょう。
羅貫中、やるじゃん!

更には、この事件に陳宮が居合わせ、もう曹操にはついていけないと見限るのも、秀逸なアレンジですよね。

曹操は確かにワルです。
ただしカッコイイ、人を見る目がワルと書き替えたのも羅貫中です。

曹操は『演義』においても、忠実な許褚や典韋を大切にします。
劉備にも目を掛け、とりわけ関羽には深い親愛の情すら見えます。

曹操すら魅惑する関羽は凄いという意味もあるのでしょうが、「単純な悪党ではなく、魅力ある人物」としても造形されているのです。
こうした魅了ある曹操像は、孫権あたりと比較するとよくわかります。

呂布も美男の好敵手だった

『蒼天航路』では、もはや人として意志疎通が困難な人物にされていますが、こうした絶大な武力と、相反する残念な知能という設定は、実は日本独自のものです。

ゆえに中国の人から見ると日本流の呂布は、驚きのキャラクター設定なのだとか。

羅貫中が見たら、おそらく、
「ここまでアホに描いてないぞ!」
と驚くことでしょう。

では羅貫中の呂布はどのように描かれているのか?

美女貂蝉とのロマンス

まず何といっても美男子。
これまた美女と名高い貂蝉とのロマンスもあるわけでして、そうなると美男美女のほうがよろしいわけです。

更に呂布は、主君を平然と殺す人物です。

日本の最近の作品ですと、深く考えないためにそうなってしまうという描き方ですが、『演義』では知能よりむしろ“倫理感の欠如”からそうなってしまったところに重点が置かれています。

呂布は曹操ほど賢くはないものの、美男子で、ロマンスも用意されている。

そんな格好いい悪党、いわゆる「色悪」。
真面目な桃園三兄弟と比較すると独特の魅力がある人物であり、まぎれもなく前半の要といえるでしょう。

また呂布とのロマンス相手である貂蝉が、呂布と董卓を引き裂いた時点で自殺あるいは殺害される展開も日本独自のものです。

三国時代の物語は、歴史ベースであるため、結末やストーリーの流れを大幅にを変えるわけにはいきません。

そこで魅力を増すためには、文章やキャラクター像を洗練させることがポイントでした。
この点、まさに羅貫中は卓越した手腕を発揮しました。

孫策

孫策の基本情報と評価

孫策の基本情報

読み方 そんさく
総合評価 9
兵種 騎兵
レアリティ SSR
資質 110

孫策の評価

▼初期武力と統率ステータスが高い騎兵武将

騎兵武将の孫策は、全武将の中でも非常に高い「武力」と「統率」を持つ武将です。そのため、敵武将との一騎討ちの勝負に強く、勝利することで味方の士気を上げ戦闘を優位に進めることができ、また自身が率いる兵士の攻撃力と防御力に大きな影響を与えることができます。

▼確実に攻撃封印状態を与える武将スキル

孫策の武将スキルは、目標に対して自身の武力ステータスの割合分通常ダメージを与え、確実に3秒間の攻撃封印状態を与えることができる効果を持ちます。

そのため、戦闘において敵武将を攻撃封印状態にすることで、敵武将からの攻撃による味方兵力の損失を防ぎ、戦闘を優位に進めることが可能になります。

▼戦闘以外でも活躍できる武将

孫策は、全武将の中でも高い「魅力」を持つ武将です。そのため、武将視察で獲得できる「贈り物」の数に大きな影響を与え、戦闘以外でも活躍することができます。

▼絆関係の多い武将

孫策は、武将との絆関係が多い弓兵武将です。そのため、絆効果により上昇するステータスが多く、伸び代の多い武将になります。

ステータス

武力政治知力
927069
統率魅力兵力
92921,000

武将スキル

スキル名覇王之威
効果現在の目標に対して武力180.6%の通常損害。さらにその敵を3秒間攻撃封印

絆関係

▼総角之好

開放条件武将周瑜を獲得後、絆が開放される
絆効果基礎攻撃力+30%

▼佳偶天成

開放条件武将大喬を獲得後、絆が開放される
絆効果基礎防御力+24%

▼得遇明主

開放条件武将太史慈を獲得後、絆が開放される
絆効果基礎攻撃力+24%

獲得方法

孫策は、城施設の「広場」と精鋭戦場「単騎駆け」「長坂坡の戦い」の戦場報酬から武将好感度を獲得し、全部で600個の武将好感度を集めることで獲得できます。

城施設「酒場」においては「銅雀台の宴」か「桃園の誓い」で招宴を行うと、孫策を獲得できる可能性があります。

獲得方法
【広場】贈り物を贈る【酒場】「桃園の誓い」で招宴【酒場】「銅雀台の宴」で招宴【精鋭戦場】単騎駆け【精鋭戦場】長坂坡の戦い

孫策の推奨至宝

孫策は、目標に対して武力ステータスの一定の割合分の通常ダメージを与えつつ、確実に3秒間攻撃封印状態にできる武将です。

そのため、武将スキル発動後に通常攻撃によって攻撃封印状態にできる至宝「老子」を推奨します。

また、通常攻撃で確率によって怒気を回復できる至宝「漢書」を装着させることで武将スキルを使用できる回数を増やして、目標を攻撃封印状態にする機会を多く作ることも可能です。

至宝効果
老子スキルを発動すると通常攻撃で16.2%(→23.4%)の確率で1秒間敵を攻撃封印状態にする。持続時間6秒
漢書通常攻撃時に10.8%(→15,6%)の確率で怒気4(→6)(MAX100)を獲得

初心者向け攻城戦

全国にある「王城」、「郡城」、「県城」を手に入れよう

全国に点在する「王城」、「郡城」、「県城」を所有する軍団は、大きなメリットを得られます。

群城を攻略するためには、その国にある「県城」を二つとも所有する軍団である事が条件の様です。

準備するモノ

戦力

まずは戦力です。
攻略する城のレベルによって必要な戦力は異なってきますが、その時に準備可能な最大戦力を用意して(採集などから戻して)おきましょう。兵舎にいる予備兵力も最大が望ましいです。

高級遷都令

高級遷都令は指定の場所に自城を移動できるアイテムです。

時間

一度の攻城戦は15分以内の攻防になりますが、移動の前に点呼がありますので、集合時間の10分程度前には準備できていると理想です。

集合時間は、一斉メールやチャットで事前に連絡が来ます。

なお、このゲームは長い期間に及ぶと思うので、リアルの都合が悪い時や戦力が整っていない時は、無理に参加する必要はないと思います。

毎日地道に武将を鍛えていれば、いずれ活躍できる日は来ます。

攻城戦の流れ

攻撃予定時間の連絡

指揮を執る人(大抵の場合は軍団長)から、攻撃開始予定時間が連絡されます。
集める方も「集まるかな~」って不安なので、参加できない場合でも一言あると嬉しいでしょう。

攻撃目標近くへの遷都

攻撃目標が座標で指定されますので、その座標にある敵城を囲むように、高級遷都令で飛びます。
操作方法→チャットウインドウにある座標をクリックすると、そこに画面が移ります。何もない地面をクリックすると、遷都する?って聞いてきてくれます。

この時の注意として、なるべく敵城を隙間なく囲むように遷都します。
隙間があると、敵の援軍がびょーんって飛んでくる場合があります。

また、遷都の時間はなるべく短時間で、みんな揃って遷都する方がイイです。
集合に時間がかかると、相手に防衛の準備時間を与えてしまいます。

もし、近所に敵側の城や邪魔な盗賊がいる場合は、排除します。

攻撃開始~城壁の破壊

指揮を執っている人から攻撃の合図があるまでは、敵城を攻撃してはいけません。

15分の時間制限があるので、先走って攻撃する人がいると、その分攻略に使える時間が減ってしまいます。

攻城が開始されると、最初にまず城壁を壊すことになります。城壁の体力ゲージみたいなものが敵城の上に表示されるので、自分が一番近いマスに攻撃を加え、城壁のゲージを減らしていきます。

この段階では、自軍の兵士は死にません。なので、もし行軍令に余裕があれば、二軍を投入するのもありです。

城壁破壊後~敵部隊殲滅戦

城は3x3マス~5x5マスの大きさがあり、全てのパネルを一つの軍団が占領すると、その城を攻略したことになります。攻略に成功すると、休戦札が貼られます。

それぞれのパネルには敵軍(NPC)がおり、その軍団を殲滅する事で、パネルが自軍団のものになります。

このフェーズでは自軍にも損害が出るので、あまりにも損害が大きいわりに戦果が望めないようなら、強い人の城に駐屯したり、援軍に来た他国の人を攻撃しましょう。

赤いパネルは他軍団の所有するパネル、青く変わったのは自軍団が占領したパネルです。

全てのパネルが青く染まった時、おめでとう、その城はあなたの軍団のものになりました。

占領した城を守りつつ、さらなる戦力の向上を図りましょう。

今回は簡単ながら、攻城戦の流れについて説明させて頂きました。

城攻めは矢印が飛び交って楽しいですし、城持ち軍団のメリットも大きいです。